初めての海外出張者必見! これだけ見れば大丈夫

陸マイラー 出張 マイル 特典航空券 飛行機SFC JGC ポイントのブログ

【子連れ海外旅行】オーストラリア ブリスベン コアラ動物園

はじめに

2017年のGWに家族でオーストラリアのブリスベンに家族旅行に行ってきました。

 

今回はコアラを抱っこできることで有名なここローパイン・コアラ・サンクチュアリ(Lone Pine Koala Sanctuary)について紹介します。

 

【目次】

 

 

ローパイン動物園 

どんな動物園?

やはりなんと言っても有名なのでたくさんあるオーストラリアの動物園でコアラが確実にコアラ抱っこできるのは数少ない動物園です。

 

ほかの動物園では時間限定や抽選や先着順などで人数制限を行っています。しかしここローパイン動物園はコアラの飼育数世界最大となっており、抱っこで疲れたコアラを順次入れ替えることで確実にコアラ抱っこができるんです。 

f:id:minakiti99:20170617222554j:plain

f:id:minakiti99:20170617222425j:plain

 

 アクセス

ブリスベン市内からタクシーで約20分。バスだと40分くらいです。

バスだとブリスベン市内から1人6ドルくらいですが本数も少なく、家族連れで行く場合はタクシーをお勧めします。 

 

 

動物園内

コアラの飼育数世界最大と言うだけあり、想像するよりもかなり近い距離で多くのコアラを見ることができます。

距離のイメージは縁日の輪投げくらいの距離で届きそうで届かない距離感。

 

数も多いので寝ているコアラや食事しているコアラ、木を移動するコアラなど色々な場面がみられるのも珍しいかと思います。

f:id:minakiti99:20170617222756j:plain

f:id:minakiti99:20170618223135j:plain

f:id:minakiti99:20170618223212j:plain

 

コアラ抱っこ

初めに ローパイン動物園の中央に位置するショップで「コアラ抱っこ券」の購入が必要となります。

こちらの券は抱っこのみや写真付きなど何パターンかありますのでお好みのチケットを購入してください。

 

次にチケットを購入したら隣接するコアラ抱っこエリアに移動し、チケットを出せば念願のコアラ抱っこができます。

 

抱っこする人により担当のスタッフさんがコアラを選別してくれるので子供でも大人でも問題ありません。

写真の通り、人間よりもコアラの方が慣れており、しっかりカメラ目線。。。

f:id:minakiti99:20170618233826p:plain

  

ちなみこの時に撮った写真は30分くらい後でチケット購入したショップに陳列されます。自分の写真を確認し、勝手に持っていくシステムですw

 

カンガルーエリア

実はコアラで有名なローパイン動物園ですがここに来た理由がもう一つあります。それがカンガルーの餌あげエリアです。

 

ここだけなのかわかりませんがローパイン動物園ではカンガルーに触れ合いながら餌をあげることができます。

餌は中央にあるショップ(コアラ抱っこの所)で数ドルくらいで購入可能

f:id:minakiti99:20170618224151j:plain

f:id:minakiti99:20170618224306j:plain

f:id:minakiti99:20170618224921j:plain

 

食い倒れカンガルー!!

お腹がいっぱいになるとその場で寝てしまうか観光客が立ち入れないエリアに移動してしまうのでローパイン動物園を訪問するなら午前中が必須です。

f:id:minakiti99:20170618224734j:plain

 

その他のお勧め

コアラの飼育数世界最大と言いますが実は動物園の規模は大変小さく、私の印象ですがメインのコアラエリアが20%。それにカンガルーの放し飼いエリアが70%。残りの動物が10%というイメージです。

 

観光時間の目安は半日。紹介したコアラ、カンガルーのほかシープドックショーや蛇、鷲などありますが個人的にはあまり盛り上がらず、お勧めできません。 

f:id:minakiti99:20170617222717j:plain

f:id:minakiti99:20170617223047j:plain

 

ローパイン動物園からの帰路

ちなみに我が家は滞在していたホテルがバス停からも近かったので復路はバスを使いましたが1時間に1本くらいと利便性がイマイチ。さらにすっごく混雑していて40分間座れませんでした。

 

お子様と訪問される場合、帰りはタクシーが必須なのですがローパイン動物園にはタクシーがいない為、タクシーをチャーターされるか便利なUBERを利用ください。

 

オーストラリアを個人で観光する場合、事前に便利なUBERを登録されることをお勧めします。

 

ご存知かと思いますがUBERとは自動車の配車サービスです。

英語が話せなくても目的地を事前に登録するだけで行きたい所に行けます。

支払いも事前に登録したクレジットカードから自動で引き落としされるので手間はかかりません。

 

今回、ブリスベンに滞在中、市内から離れていてもUBERでまったく不便はありませんでした。登録がまだの方はこちらの招待コード「g3sjnb」を入力すれば1,500円分の割引が可能です。

f:id:minakiti99:20170618220856j:plain

f:id:minakiti99:20170618221043j:plain

  

まとめ

  • 子連れ旅行には必須の動物園
  • 訪問するなら午前中
  • タクシーかUBERの利用が便利

人気記事

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

【子連れ海外旅行】オーストラリア ブリスベン市内 サウスバンク

 はじめに

2017年のGWに家族でオーストラリアのブリスベンを訪問しました。

今回はブリスベン市内でお金を使わず、家族で楽しめるエリアを紹介いたします。

 

ブリスベンからフェリーに乗って遊びに行くモートン島についてはこち

minakiti99.hatenablog.com

 

 

 

 

サウスバンク

 

ブリスベン近郊に住んでいる人なら知らないほどがいないほど有名で大人から子供まで無料で楽しめます

ちなみに今回の旅行でも子供のリクエストが強く2日間も過ごしたエリアです。

 

サウスバンクの位置

 

市内の見晴らしのよい場所からならサウスバンクのシンボル:観覧車が見えます。

この日はちょうと週末で「お釈迦様の誕生日」イベントが開催されており、とにかく人が多かったです。

f:id:minakiti99:20170615220922j:plain

f:id:minakiti99:20170615220951j:plain

f:id:minakiti99:20170615221031j:plain

 

キッズパーク

観覧車があるところ5分くらい歩いてアーチを抜けるとキッズパークが現れます。

見た瞬間から子供たちのテンションはマックスでとにかく遊びまくり!!

 

日本で見たことが無い遊具も多く、長女は大興奮です。そして驚いたことに英語を習い始めて半年ほどですが、現地の子供たちとつたない英語で会話を始めていたんです。

 

簡単な単語レベルですが地元の女の子と仲良くなり、公園での遊び方を教わっていました。そんな姿を見て、パパもママも涙が出そうになりました。

オーストラリア、来て本当によかった。 

f:id:minakiti99:20170615222215j:plain

f:id:minakiti99:20170615225506j:plain

f:id:minakiti99:20170615222304j:plain

f:id:minakiti99:20170615232649j:plain

f:id:minakiti99:20170615225347j:plain

 

プール

さらにキッズパークを抜けて、奥に進むと広いプールがあります。ここの施設はすべて無料なのですが監視員の方もおり、安心して遊ぶことができるんです

f:id:minakiti99:20170615231220j:plain

f:id:minakiti99:20170615232157j:plain

 

人工ビーチ

さらにプールを抜けると今度は突然、真っ白なビーチが現れます。

 

ブリスベンの街のど真ん中にこのような場所があるなんて想像ができなかったです。良い意味で裏切られました。

 

先ほどのプールと比べると人も多く、活気があったので地元の方はここが一番人気なんだと思います。このような施設が無料で楽しめるブリスベンって最高!!

f:id:minakiti99:20170615221147j:plain

f:id:minakiti99:20170615221113j:plain

 

 マーケット

また先ほどの人口ビーチから1本、中に入ると金曜、土曜、日曜はマーケットが出ており、手作り設計やハンドクラフト、はちみつや屋台などのお店がたくさん出ています。

 

もちろんビール好きなオーストラリア定番のBARも多く、遊び疲れたタイミングで冷えたビールを飲むこともできます。

f:id:minakiti99:20170615230730j:plain

f:id:minakiti99:20170615230803j:plain

 

水遊びエリア

いままで紹介させていただきましただけでも十分に楽しめますがさらに奥に行くとキッズ向けの水遊びエリアがあります。

 

水が溜まっているエリアは深いところでも大人のひざ下くらいなのでかなり安心です。

水辺は大きな噴水から小さな噴水まであり、小さい子供でも十分に楽しめます。 

f:id:minakiti99:20170615222955j:plain

f:id:minakiti99:20170615223125j:plain

f:id:minakiti99:20170615223037j:plain

f:id:minakiti99:20170615222845j:plain

f:id:minakiti99:20170616232709j:plain

 

大人の楽しみブルワリー

 先ほど紹介したマーケットの内に美味しいビールが飲めるお店がありましたので紹介いたします。初めに紹介するのがレストラン「Plough INN」です。

 

こちらのレストランはブルワリー(ビール醸造所)もあり、作り立ての美味しいビールが飲めると地元でも人気店。

 

またランチやディナーのタイミングでは生演奏もあります。普段なら子連れで行きにくいレストランなのですが場所柄、昼の時間は子連れも多く、家族でも楽しめます。

f:id:minakiti99:20170615221330j:plain

f:id:minakiti99:20170615221400j:plain

f:id:minakiti99:20170615221436j:plain

 

もちろん注文したのは生ビール。

遊び疲れた後のビールはもう最高です!!

 

そしてつまみにはみんなが注文していたお肉セットを注文。

ただお肉に関しては見た目の良かったのですが火加減などイマイチだったので残念。

f:id:minakiti99:20170615221700j:plain

f:id:minakiti99:20170615221459j:plain

 

 そして2回目のサウスバンク訪問時に利用したのがこちらのお店です。

実は最初に紹介した「Plough INN」のBAR店舗になり、食事の注文ができないドリンクのみの店舗となります。

 

当然ですがレストランは食事客が多く回転が悪い為、なかなか入れませんがこちらは席につかなくてもカウンター廻りで立ち飲みが可能。

 

また料金にサービス料などが含まれない為、レストランよりも安く飲むことができます

f:id:minakiti99:20170616235937j:plain

f:id:minakiti99:20170615222448j:plain

f:id:minakiti99:20170615222651j:plain

f:id:minakiti99:20170615222534j:plain

 

以上、ブリスベン市内のサウスバンクは利用するエリアを選択すれば家族連れでもカップルでも一日中楽しめ、お酒も飲める楽しい場所でした。

 

まとめ

  • サウスバンクは子供も大人も楽しめる
  • サウスバンクは家族でもカップルでも楽しめる
  • 新鮮な美味しいビールも楽しめる

 

人気記事

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

 

【子連れ海外旅行】オーストラリア ブリスベン モートン島

 はじめに

2017年のGWが9連休という稀に見る大型連休。JGC修行を言い訳に飛行機ばかり乗っている私もせっかくの機会なので家族で海外旅行を決断しました。

 

 小さい子供(5歳、1歳)がいる我が家では時差が無く、プールやビーチで遊べる場所を!という条件を事前に妻から提示され、選んだ先が東京-オーストラリア(ブリスベン)-シンガポール-東京というちょっと修行っぽいルートです。

 

もちろんJGC修行僧の私が選択した航空会社はワンワールドに加盟しているカンタス航空です。

 

今回はオーストラリア:ブリスベン滞在中に訪れた世界で3番目に大きい砂の島「モートン島」について紹介いたします。

良い意味で無駄の無いリゾート地で家族の絆が深まりましたw

 

【目次】

 

 

モートン島観光

 モートン島とは

オーストラリア第三の都市、ブリスベンの東側に位置し、移動手段はブリスベン郊外からフェリーで約1時間程度の場所にあります。

 

 「モートン島」は世界で3番目に大きい砂の島で島の99%が砂でできています。また世界で2番目に大きい砂の島「ノースストラドブローク島」もブリスベンからは訪問可能です。

実は「ノースストラドブローク島」15年ほど前に訪問したことがあったため、今回は「モートン島」を選択しました。

 

この二つの砂の島、大きく違うところは「モートン島」はリゾート地としてしっかり完備されており、「ノースストラドブローク島」は手つかずの自然を堪能できます。

 

モートン島への観光方法

実はモートン島全体が完全な観光地となっており、観光客以外の入場ができません。その為、モートン島に行くには観光ツアーを申し込むか島に宿泊する必要があります。

 

私は一日観光ツアーをブリスベン市内の旅行代理店で申し込みました。

街のあちこちに旅行代理店があるのですぐに見つけられると思います。

 

事前に申し込まなくても当日、フェリー乗り場で申し込みができるようですがフェリーには定員がありますので事前申し込みがお勧めです。

f:id:minakiti99:20170612012200j:plain

f:id:minakiti99:20170612012340j:plain

f:id:minakiti99:20170612012628j:plain

 

モートン島への移動

フェリーの出発時刻は午前は7:00と10:00がありますが1日観光の場合、早いですが7時がお勧め。 

本日、お世話になるフェリー!かなり豪華で期待できます。

f:id:minakiti99:20170612012757j:plain

 

外見は豪華でしたが中は少し時代を感じる作りとなっていました。

売店?も完備されており、ちょっとした飲み物やスナックも購入可能です。

f:id:minakiti99:20170612012815j:plain

f:id:minakiti99:20170612012709j:plain

 

フェリーは古くでも乗りなれないフェリーに子供たちは大はしゃぎでした。

f:id:minakiti99:20170615165513j:plain

モートン島に到着後にやること

フェリーはちょっと残念でしたが到着してすぐに目に入ったのが真っ白なビーチに南国の木々!

まだ朝が早かったですがテンションもあがります。

f:id:minakiti99:20170612012917j:plain

f:id:minakiti99:20170612012901j:plain

 

到着して一番初めに行うのが受付です。

繰り返しになりますがモートン島は完全な観光地の為、個人で勝手来ることができません。事前にツアーに申し込む必要があり、申し込んだツアーにより島で遊べるアクティビティの有償/無償が判断されます。

 

例えば更衣室のロッカーの費用やシュノーケル、パターゴルフ、カヤックや卓球など簡単なアクティビティなどの簡単な費用 

f:id:minakiti99:20170615171039p:plain

さらにホエールウオッチング、イルカの餌付け、難破船へのダイビング、砂丘滑りなどの半日コースレベルの費用 

f:id:minakiti99:20170615171128p:plain

これらの費用が有償/無償かはこのバンドでわかるようになっています。水着で過ごすことが多いモートン島で使える一種の身分証明証ですね。

 

ちなみに私たちが事前に旅行代理店で申し込んだのが最初に紹介した簡単なアクティビティが無料となる90ドル(7,500円)ベーシックなツアーです。

 

最初のアクティブ(ゴルフ)

到着時はまだ朝も早かったので海では無くゴルフクラブを借りて、家族でゴルフを楽しみました。実はゴルフと言ってもパターゴルフくらいの規模ですw

 

ただ子供と一緒にゴルフをできるなんて貴重な体験でした。

5歳の長女もパターで真剣にゴルフしていましたよ。

f:id:minakiti99:20170612012135j:plain

f:id:minakiti99:20170612014106j:plain

 

アクティブ(ビーチ)

お昼前には気温も上がってきたのでビーチに向かいました。

まだ次のフェリーが来ていない時間なのでビーチはほぼ貸し切り状態。

 

長男は波打ち際で水遊び。

長女は私とシュノーケリング。準備していったソーセージを細かくして、海にばらまくとたくさんの魚が集まってきました。(残念ながら写真は無いです)

f:id:minakiti99:20170612015453j:plain

f:id:minakiti99:20170615204913j:plain

f:id:minakiti99:20170615204924j:plain

このほかシーカヤックも無料で楽しめましたが写真はありません。

やっぱり防水のカメラが欲しいです。 

 

お昼はビールにナチョス

この組み合わせで間違うはずがありません。最高でした!!

f:id:minakiti99:20170615205600j:plain

f:id:minakiti99:20170612015522j:plain

 

砂丘で砂滑り(デザートサファリツアー)

基本コースには含まれおりませんがモートン島に到着後、「デザートサファリツアー」を申し込みました。簡単に言うと4WD車で砂丘まで向かい、砂丘をボードで滑るツアーです。

 

実は今回のモートン島で一番、楽しみにしていたツアーです。

なぜかブリスベン市内から申し込みができなかった為、当日予約となりました。

ちなみにお値段は大人40ドル、子供20ドルくらい。 

 

4WDと言うと普通車をイメージされると思いますが準備されていたのはタフなバス!

こんなバスで砂丘を走れるのか心配でしたが安心の運転テクニックでした。

f:id:minakiti99:20170612015355j:plain

 

森林を走り続け、30分ほどで砂丘に到着

突然、見渡す限り全て砂の世界が現れました!

 

砂丘と言っても規模がとんでもなく凄く、スキー場のゲレンデがすべて砂だとイメージしてもらえれば近いと思います。

 

砂も非常にサラサラで車でよく走ってこれたなと感心するほど。

そして足場の悪い砂丘は頂上まで登るのに一苦労

f:id:minakiti99:20170612014310j:plain

f:id:minakiti99:20170612014433j:plain

 

ちなみに今回利用したソリと言うのがこちらで「ただの板」です。

滑る前にはプールで使うゴーグルを装着して砂丘の山頂からソリで降りるですが山頂は高く、勾配もあるのでかなり勇気がいります

f:id:minakiti99:20170612014715j:plain

f:id:minakiti99:20170615211842j:plain

f:id:minakiti99:20170612014238j:plain

 

最初のチャレンジは見事に撃沈!

ケガはありませんが全身、砂まみれで涙を流していました。

 

気を取り直して2回のチャレンジ!!

ところがソリにワックスを塗っているうちに怖くなって断念。苦労して登った砂丘を楽しく駆け足で降りてみました。

f:id:minakiti99:20170615213125j:plain

f:id:minakiti99:20170615212942j:plain

 

帰路

デザートサファリツアーから戻り、シャワーを浴びるとちょうどフェリーの時間です。島全体が観光地なっているため、すべてが効率的に運営されている印象でした。

f:id:minakiti99:20170612015001j:plain

f:id:minakiti99:20170612015050j:plain

 

最後に嬉しいハプニング

行きの古いフェリーを覚悟していたらなんと今度は本当に豪華客船。

広いソファーで寝そべることもできますし、なんと売店は二人体制!!!

 

一日の最後にビールをいただき、モートン島の一日ツアーを締めくくりました。

f:id:minakiti99:20170612015239j:plain

f:id:minakiti99:20170612015120j:plain

f:id:minakiti99:20170612015150j:plain

 

モートン島に別れを告げるちょっと寂しい乾杯~

f:id:minakiti99:20170615213643j:plain

 

まとめ

  • 家族旅行だけではなく、大人でもカップルでも楽しめるリゾート地
  • 紹介できなかったアクティビティも多く、また来たい。
  • 良い意味で今回のコースは遊びに夢中になりすぎず、家族時間を楽しめた

 

人気記事

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

特別な父の日 13年目の節目

はじめに

今日、6月18日は父の日です。皆さん、ちゃんと「ありがとう」って言えましたか?

私も1歳10か月の長男から初めて「お父さん ありがとう」のお手紙をいただきました。

 

実は今年の父の日は父の13回忌を迎える日になり、「ありがとう」を伝える良い機会をいただきました。

 

今回はそんな特別な父の日を記事にしました。

f:id:minakiti99:20170617091319j:plain

 

 

特別な父の日

記事作成の背景

お寺から13回忌の連絡があり、言われるがままに準備を進め、その日が父の日であることもに気が付いていませんでした。

 

しかし数日前、ブログでもTwitterでもフォローさせていただいているはにゃお (id:hanyao) さんのお父様について記事を拝見。

www.hanayao.xyz

 

 13回忌と父の日が重なったこの特別な日に父のことを思い出し、この時の父についての記憶を記事の残そうと思いました。

 

そしていつかこの記事を自分の息子が見つけて、少しでも私(父)について知る機会になれば幸せです。

 

 

私の父について

私は2人兄弟の長男ですが父も4人兄弟の長男であの時代的には一般的な家族構成だったと思います。

 

しかし、父が高校生2年生の時に祖父(父の父)が亡くなり、高校卒業前後には兄弟の面倒を見ながら働き始め、この時から兄弟の長男ならお父さん的存在に代わっていたと聞いています。

f:id:minakiti99:20170617144332p:plain

月日は流れ、父の兄弟は成人し、さらに長男である私も弟も成人しました。

そんな高校生の時から父親的存在になった父は温厚でまじめを絵に描いたような存在。

 

趣味も無く、週末は庭の手入れや子供とスイミングプールやハイキング。

自分の為に時間を使った姿を見たことが無いです。

f:id:minakiti99:20170617144141p:plain

また旅行と言えば、熱海や箱根と東京から近場のみ。既に海外旅行も珍しく無い時代に新婚旅行も熱海。(←母が愚痴っていました)

海外旅行に関しては会社の社員旅行で台湾に一度、行っただけです。

 

 

父との別れ

人生は色々あるものでそんなまじめな父親から私のような変わり者が育ち、父が無くなる直前の連絡はオーストラリアのパースで受けました。

 

ちょっとドラマのような話なのですがこの時の私はバックパッカーで東南アジアやオセアニアを放浪しており、父が大病を患っていることを知りませんでした。

f:id:minakiti99:20170617152423p:plain

後から聞いた話になりますが心配する行けないからと私には父の病気について知らせるなと言う事だったようです。

そして帰国後、私が27歳の時に父は亡くなりました。

 

父との旅の思い出

父と最後に旅に出たのはいつだろう?

私の記憶では中学2年の夏休みにやはり国内旅行で静岡県伊豆の海水浴。

時期はお盆でとにかく大渋滞で海よりも車の移動の方が鮮明に覚えている。 

f:id:minakiti99:20170618081414j:plain

中学3年の時は受験勉強、高校に入ると部活やアルバイトで家族旅行に出かける時間はいつの間にか無くなっていた。 

 

私にとって父との思い出は中学生2年の伊豆旅行で止まっていました。

 

父とやりたかっと事

もちろん今となってはタラレバの話となってしまいますがもっと2人で将来についての話をしたかったし、お酒も飲みたかった。贅沢かもしれないが海外旅行にも一緒に行きたかったがすべてタラレバの話である...

 

自分が旅先で見てきた色々な国の風景や文化を高校生から働き続けたまじめな父親に見せてあげたかった... 

f:id:minakiti99:20170618080701j:plain

 

今、振り返っても考えても父親に親孝行と言えるものをした記憶が無い。

自分にとって父親とは空気のように当たり前の存在で永遠だと思っていた。

 

だから毎日、話す機会はあったが照れくさくって話さなかった。

わざわざ一緒に出掛けようとも考えたこと無かった。

 

タラレバだが一緒に旅に出ていれば話す時間がもっとあったかもしれない。 

私はもう後悔しないよう父が亡くなって翌年、母親を連れて東南アジアに2週間の2人旅に出た! 父親の事、将来の事、母自身の事などいっぱい話した。

 

まとめ

  • 父や母は永遠では無く、有限である
  • 父や母がご健在なうちに旅行に一緒に旅に出よう
  • 子供が大きくなっても子供と出かけて話そう

 

関連記事

【かわいい子には旅させろ】安全な子供一人旅

はじめに

6月に入り、暑い日々が続いていますね。

そして来月には子供たちは夏休みが始まります。

 

せっかくの夏休みだし、どこかに連れて行きたい。でも仕事もあるので子供の夏休みのように大人は自由に出かけることもできない。

 

またお盆には実家に帰省する予定だがこの時期は飛行機も新幹線もいっぱいで辛い。

車で移動の場合、渋滞を避ける為、出発を深夜にしたり、子供にも大人にも辛い旅となります。

 

今回、そんな我が家の悩みを解決した一つの方法をご紹介します。

f:id:minakiti99:20170611141614p:plain

 

【目次】

 

 

我が家の選択

今年はお盆の少し前から長女を大阪の実家に連れていくことにしました。

「お盆に一緒に帰省すればいいのは?」と言われる方もいると思いますので今回、導き出した内容を少し補足させていただきます。

 

我が家の状況

実は娘が通う幼稚園ではお盆の前後に預かり保育を行っておりません。

共働きの我が家ではそのために仕事を休むことができず、昨年はその時期に新幹線で実家の大阪まで長女を送っていき、そのまま戻って来るという荒行を行いました。 

f:id:minakiti99:20170611234717p:plain

費用について(東京-大阪)

便利な新幹線ですが大人運賃だけが必要な為、往復で約3万円となります。

飛行機の場合、大人の往復で約24,000円。子供は片道で12,000円。合計3.6万円となります。特典航空券を使った場合、合計で18,000マイルとなります。

f:id:minakiti99:20170611234733p:plain

 この費用が迎えに行くと時にも同様に必要になるので最終的には送り迎えで以下のような費用が必要となります。(正直、結構な金額です)

・新幹線利用:約6万円

・飛行機利用:約7.2万円/32,000マイル

 

 新たな選択肢

 既にご存知の方もいると思いますが2017年の夏休みに我が家が選択したのはANAの「ジュニアパイロット」です。 

f:id:minakiti99:20170612003214p:plain

こちらは6歳以上の子供であれば、利用できるサービスで当日、搭乗カウンターに子供を連れて行くと目的地の到着ロビーで待っている迎えの方まで係りの方が連れて行ってくれるサービスです。

 

我が家の場合、伊丹空港で両親が出迎えに来てくれるので羽田空港の搭乗カウンターに子供を連れて行けば、子供1人でも安全に大阪まで旅することができるんです。

 

子供にとって夏休みは特別な物ですが今年の夏休みは生まれて初めての一人旅。忘れられない思い出になりそうです。

 

※このサービスANAの乗継便まで対応しているので至れり尽くせりです

 

ANAジュニアパイロット】

www.ana.co.jp

 

予約方法

電話またはインターネットで申し込みが可能で特典航空券を利用することもできます。インターネットで申し込みをされた場合、念のため電話でANAに「ジュニアパイロット」を利用することを伝えた方がスムーズです。

 

予約ができたら電話で当日の流れや座席を後部座席にするようなアドバイスいただけ、心配なパパやママには一安心です。

 

当日までにHPから同意書に記載し、準備をするとスムーズな対応が可能です。

 

費用について(東京-大阪)

飛行機の運賃が片道12,000円となるので往復で24,000円。

親が付き添う場合と比べ、48,000円もお得になります。

 

特典航空券の場合、子供分だけの往復で12,000マイルになります。

親が付き添う場合と比べ、24,000マイルもお得になります。

  

注意点

・悪天候などの条件付きフライトの場合、利用することができません

・迎えに来る方は身分証明者が必要となりますのでご準備ください

 

JALの場合

JALでも同様のサービスが「JALキッズおでかけサポート」という物があり、基本的にはサービス内容はANAと同じです。

 

JALキッズおでかけサポート】

キッズおでかけサポート(JALスマイルサポート) - JAL国内線

 

  

ユナイテッド航空のマイルを利用する場合

余談となりますがユナイテッド航空のマイルがあったので当初はこちらで利用しようと思いましたがインターネットでは子供だけの予約ができず、電話のみの対応となります。

 

電話での予約の場合、予約手数料:25ドル(約3,000円)が必要となり、あまりお得ではありません。

 

※2017/06/15追記

【予約手数料を取られない裏技】

先ほどユナイテッド航空のマイルを使ってANA便を予約し、「ジュニアパイロット」を利用する場合、電話対応が必要になるため予約手数料が必要になる説明しました。

 

しかしこの予約手数料を支払わずにマイルで特典航空券とジュニアパイロットの予約ができるようです。

 

手数料の背景

ユナイテッド航空のHPからは15歳以下の子供1人でANAの特典航空券を発見できません。その為、ユナイテッド航空のHPではなく電話予約する必要があり、ここに手数料25ドル(約3,000円)が発生します。

 

ユナイテッド航空ANAのジュニアパイロットのような子供の一人旅をサポートするサービスがあるのですがシステム的なつながりが無い為、使えないです。残念!

f:id:minakiti99:20170615124109j:plain

手数料が不要な予約方法

予約手数料の原因がわかれば対策はできます。

まずはユナイテッド航空のシステム上、一人旅でOKな「大人」「シニア」「子供(16歳から17歳)」を選択し、お子様のお名前で予約します。(システム上問題無し)

 

ユナイテッド航空から特典航空券の予約が取れたらANAに連絡し、年齢の修正ジュニアパイロットの予約を行えば完了です。

情報を教えてくださいましたぐるぐる (id:gururiguru)。ありがとうございます。

まとめ

  • 今年の夏休みは長女にとって忘れなれない旅になる
  • 子供向けサービスをうまく利用しよう
  • 子供の一人旅、実は親の方がドキドキしている

 

【子連れ家族旅行】GWにシンガポール動物園に行ってきました

はじめに

2017年のGWに家族で訪問しましたシンガポール動物園について紹介いたします。

【家族紹介】

私(40代):旅好きサラリーマン。久々の連休に大喜び。元バッパー

嫁(〇〇歳):GW明けからの新しい仕事が始まりので当面、有給無し

娘(5歳):GWの家族旅行の為、幼稚園は2日お休み

息子(1歳10ヶ月):座席料金が発生しない最後のフライト

 

【目次】

 

シンガポール動物園 

シンガポールには有名な「ナイトサファリ」のほか「リバーサファリ」と「シンガポール動物園」の三か所もあるんです。

シンガポール訪問は4回目ですが恥ずかしながら自分はシンガポール動物園が夜にナイトサファリを営業していると思っていました。

 

日本でナイトサファリと言うと日中に営業しているサファリパークが夕方からちょっと営業するようなスタイルが一般的ですがシンガポールにはナイトサファリ専用の動物園がちゃんとあるんです。 

f:id:minakiti99:20170611084413j:plain

当初は有名なナイトサファリに行こうと思っていましたが幼児連れの家族旅行ではさすがにナイトタイムは厳しく日中のシンガポール動物園に行ってきました。

【営業時間】

シンガポール動物園:08:30-18:00

ナイトサファリ  :19:30-24:00

 

シンガポール動物園までのアクセス】

宿泊先のオーチャードからシンガポール動物園は少し遠いです。何かと便利なシンガポールですが移動手段はタクシーかバスが一般的です。

家族4人で移動するなら便利なタクシー以外の選択はありません。

 

私は送迎や支払いが便利なUBERを使ってホテル-動物園間移動はスイスイです 。

所要時間と場所はシンガポールの都心「オーチャード」から車で25分

 

 動物園に到着すると思いっ切りムードのある入り口がお出迎え。

中に入ると動物のモチーフ像があり、定番のポーズで写真を一枚。 

f:id:minakiti99:20170610091339j:plain

f:id:minakiti99:20170611091937p:plain

 

チケットを購入し、早速園内へ

入園するとすぐにキツネサルがお出迎え。普段、檻越しに見ている動物をこのように触れる距離で見ると印象が違いますね。子供のテンションは入園しただけでMAX!

 

園内は広く、子連れでの移動が大変だと聞いていたのでベビーカーをレンタルしました。結果的にこのベビーカーは大正解。ご準備されていない方はお勧めです。

 

レンタルの場所は入園して右手になります。

f:id:minakiti99:20170611084939j:plain

f:id:minakiti99:20170610091530j:plain

f:id:minakiti99:20170611115648p:plain

園内の見どころ

 

動物園で恐竜

シンガポール動物園ですがエントランスはティラノザウルスがお出迎え。

正直、恐竜が出てもおかしくないような園内。子供たちは信じてちょっと怖がっていました。

歩いていると恐竜の鳴き声も聞こえてムード満点でなかなか進まない問題もw

f:id:minakiti99:20170610091449j:plain

f:id:minakiti99:20170611085020j:plain

 

オランウータンと朝食

シンガポール動物園で楽しみにしていた一つがレストラン「Ah Meng」です。

こちらは9:00-10:30限定のイベントでビュッフェスタイルの朝食を食べられます。

メニューは中級ホテルの朝食をイメージされれば間違いありません。

 

もちろん食事が美味しくて有名なレストランでは無く、オランウータンを信じられない距離で眺めながら朝食が食べられるんです。また超至近距離で記念写真も撮れます。

 

このイベントはレストラン「Ah Meng」の朝食ビュッフェを申し込まないと参加できないため、この日はホテルの朝食を食べずに朝から参加しましょう。

f:id:minakiti99:20170611085251j:plain

f:id:minakiti99:20170611095925j:plain

f:id:minakiti99:20170611095955j:plain

f:id:minakiti99:20170611085307j:plain

f:id:minakiti99:20170611091858p:plain

 

ホワイトタイガー

動物園の入園時にいただける園内地図を娘に渡し、この日のナビゲーターは5歳の長女。

現在地だけ教えて、気になった動物を自分で見つけて見に行くスタイルです。

時間を気にせず、不効率なルートでも黙ってナビゲーターについて行きました。

 

まずは珍しいホワイトタイガー!

全然、動かずにちょっと盛り上がりはイマイチ。

f:id:minakiti99:20170611104339j:plain

f:id:minakiti99:20170611102312j:plain

f:id:minakiti99:20170611102333j:plain

 キリン&シマウマ

どこの動物園でも見られるキリンやシマウマですがシンガポール動物園は最低限の檻や柵しかなく、巨大な動物園内の森を歩いていると動物が出てくるような印象。

まるでジャングル内を冒険しているようでした。

 

f:id:minakiti99:20170611102905j:plain

 

f:id:minakiti99:20170611103010j:plain

ほかの動物たち

 もちろんライオンや豹、猿やミーアキャットなどほかに多くの動物がいますがうまく写真が撮れませんでした。

 

そしてシンガポールの日中の動物園。気温も高くなり、歩き続けるのが辛いです。ナイトサファリが人気な訳がこの時にわかりました。

f:id:minakiti99:20170611111058j:plain

f:id:minakiti99:20170611111010j:plain

f:id:minakiti99:20170611111028j:plain

キッズパーク

暑い中、歩き回ったらたシンガポール動物園の一番奥に位置する場所、「キッズパーク」に向かいましょう。

 

ここには家族で思いっ切り水遊びができるエリアがあります。

正直、ここだけでも十分に楽しめるレベルですが動物園のおまけで遊べちゃうんです。

 

小さいお子さんにはシャワーだけでも十分に楽しめます。

少し大きな子供は滑り台も楽しいです。

大きな子供や大人でも楽しめるのが定期的に象の容器に貯まった水が信じられない勢いでぶちまけられるやつです。

 

何も知らずに普段着で子供の写真を撮っている大人が何人犠牲になったことでしょうか?思い出の詰まったカメラや携帯電話が水没したらせっかくの旅が台無しですので気を付けましょう。

 

今回のシンガポール動物園はここで終了。

実際に滞在した時間は8:30-13:00の半日でしたが十分に満喫できました。

 

シンガポール動物園に行くときは水着を忘れずに!

f:id:minakiti99:20170611110235j:plain

f:id:minakiti99:20170611112924j:plain

f:id:minakiti99:20170611110127j:plain

f:id:minakiti99:20170611113039j:plain

 

補足

古いガイドブックではエレファントライドの記事がありますがこちらのイベントは既に終わっています。私もあまり調べずに現地まで行ったため、子供たちに「象さんに乗りたい?」なんて質問をしたことを後悔。。。

 

まとめ

 

人気記事

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

minakiti99.hatenablog.com

【中国出張】上海での休日の過ごし方 ~1人旅 後編~

はじめに

 今回はたった一日ですが上海を楽しめる充実の観光プランを紹介いたします。

(自分で充実ってちょっと恥ずかしいですが。。。)

 

既に前編で上海の午前中の観光コースを紹介しましたが今回は午後の観光コースを紹介いたします

 

【上海の午前観光コースはこちら】

minakiti99.hatenablog.com

 

【目次】

 

13:00 上海ガニ/春在 

豫园での朝食から豫园商城~外灘と観光を行い、フェリーで上海タワー近くまで移動しました。

ちょうどお腹が空いてくるタイミングで今回の上海観光の目玉「上海ガニ」を食べに行こうと思います。

 

場所はフェリーを降りてから上海タワーに向かって、10分程度歩いたところにある「春在」という上海レストランです。

 

 このお店は中国では珍しく少人数で向けのレストランで二人掛けの席が多く準備されています。このようなお店は一人旅には重要ですよね。1人で円卓は寂しすぎますw

もちろん円卓もありますので大人数でも対応可能です。

f:id:minakiti99:20170604004817j:plain

f:id:minakiti99:20170604004955j:plain

 

この日、注文したのはレバーとゴマソース/上海ガニの酒蒸し/あさりの茶わん蒸しとビールです。(ビールはいつもですが。。。)

 

こちらのレストランは少人数でも楽しめることが前提にしているようで料理もそれほど多く無く、一人でも何品か注文が可能です。

今回の注文はお店の方に量を確認しながらお勧めを注文してみました。

 

 そしてついに人生初の上海ガニとご対面。注文時に2杯が最低ロットと言われて、多すぎると思っていましたが非常に小ぶりで一人でも十分食べられます。

f:id:minakiti99:20170604005140j:plain

f:id:minakiti99:20170604005214j:plain

f:id:minakiti99:20170604005243j:plain

【初めての上海ガニの感想】

蟹味噌の部分が濃厚で日本酒や紹興酒と一緒に飲んだらら最高と思う反面、実の部分はタラバガニや毛ガニなどと比べて非常に少なく、食べている途中で少し面倒くさくなってしまいました。

※あくまでの個人の感想です

 

面倒くさがりの方は実の部分だけを食べられるレストランや料理をお勧めします 

とりあえず、上海で上海ガニというミッションはクリア

f:id:minakiti99:20170604011410j:plain

 

15:00 観光/TV塔

昼食の春在でお腹いっぱいになったら散歩を兼ねて15分程度歩くと上海のシンボル「TV塔」を目指します。

 

TV塔を向かう途中では中国で最も高い建物「上海中心(上海タワー)」が見えてきます。うまく伝わるように撮れていませんが写真中央のビルです。

f:id:minakiti99:20170607010339j:plain

そして遂に上海のシンボル「TV塔」です。

正式名称は東方明珠電視塔(とうほうめいしゅ-でんしとう)

 

早速、チケットセンターに向かいます。

週末と言う事もあり、フェリーから今に至るまで人混みが凄い。

f:id:minakiti99:20170604012110j:plain

f:id:minakiti99:20170607011003j:plain

 

・・・

・・・・・

やっぱ、行くのやめた!

 

今も不思議なのですがここまで来て上海のシンボル「TV塔」に登るのをあっさりやめてしまいました。

ここまで記事を読んでいただいた方には大変、申し訳ございませんが登っていない私はTV塔を紹介することができません。

 

Q:なぜ、ここまで来て上海のシンボル「TV塔」に登らなかったのか? 

A:個人的にまったく感動が無く、実物を見ても興味が出ませんでしたからです。

 またあまり有名では無いが気にってしかたが無い場所があったからです。

 

上海観光の位置関係

少し移動も多かったので午前からの移動と位置関係をご紹介させていただきます。

朝の豫园からスタートし、タクシーを使わず観光や食事しながら歩きで移動ができるのは便利で健康的なルートとなりました。 

f:id:minakiti99:20170607003343p:plain

 

16:00 観光:龍華寺

ネタバレしていますが上海のシンボル「TV塔」を無視して向かった先が「龍華寺」です。TV塔からタクシーで30分もかかる辺鄙な場所になぜ向かったのか?

 

ほとんどの方が聞いたことが無いと思いますが私の大好きな三国志の時代、呉の孫権の母が建てたお寺で上海で最も歴史の古いお寺になります。

日本はちょうと卑弥呼の時代になります。

 

 

龍華寺の中はこのようなになっておりますが特別有名な何かがあるわけではありません。とりあえず、入り口にあった塔を一つまみさせていただきました 

f:id:minakiti99:20170609005317j:plain

f:id:minakiti99:20170607020724j:plain

f:id:minakiti99:20170609005217j:plain

入場を支払い中に入ると身体を清める為の常香炉があります。さっそくお線香を購入し、見よう見まねで体験してみました。

日本では治したい箇所に煙をかけておりますがここではそのような作法はありません。

 

f:id:minakiti99:20170609010021j:plain

f:id:minakiti99:20170609005658j:plain

f:id:minakiti99:20170609005604j:plain

お寺の中に入ると今までの雑踏が嘘のように大変、静かで落ち着いた時間が流れていました。写真は撮れませんでしたが写経をする部屋や食事がとれる場所もあり、地元の人は週末をここでゆっくり過ごしているのだと思います。

 

今回の出張では常に人が多く活気に満ちた中国ばかりを見ていましたが都心部から少し離れるだけでこのような落ち着ける空間があることに驚きました。

 

特別な名所はありませんでしたが一人旅だからできる、自分勝手な観光地でした。

f:id:minakiti99:20170607020814j:plain

f:id:minakiti99:20170609010404j:plain

 

18:00 足裏マッサージ(小休止)

龍華寺から一度、上海市内のホテルまで戻りシャワーを浴びてリフレッシュ。

少し歩き疲れていたのでホテル近くのマッサージ店でゆっくり。

 

薬草入りの桶で足をしっかり1時間ほど温めて、疲れた足をもみほぐしていただきました。隣の担当の方が中国語で言葉の通じない私に話しかけてくるので記念に1枚、写真を撮ってみました。(特に意味は無いです)

f:id:minakiti99:20170609011452j:plain

f:id:minakiti99:20170609011512j:plain

19:00 観光/豫园商城エリア(夜)

 午前中に来たばかりの豫园商城エリアですが雰囲気が全く違うのでタクシーが止まる前からテンションが上がってやばかったです。

 

このエリアすべてがこのようなライトアップされた建物で何度、シャッターを押したかわかりません。昼の観光では味わえなかった興奮が続いています。

朝、早茶で利用した「緑波廊酒楼」もさらに味のある店構えです

 

f:id:minakiti99:20170607012531j:plain

f:id:minakiti99:20170607012657j:plain

f:id:minakiti99:20170607012613j:plain

 さてさて待望の夕飯なのですがお昼が遅かったことでまだお腹がそこまで空いておらず、このエリア内に多く見れるショップで食べ歩きをすることにしました。

 

最初に訪れたのが朝、小籠包をいただきました「南翔饅頭店」です。朝にはやっていなかった1階のテイクアウトで「ジャンボ小籠包」を注文。

実はこのエリアを歩いていると多くの方が注文しており、気になっていました。

 

レンゲではなくストローで肉汁を吸い、それから食べるというスタイルです。

初めて見た私にはインパクト十分。 

f:id:minakiti99:20170607012859j:plain

f:id:minakiti99:20170607012915j:plain

「ジャンボ小籠包」。。。次回は頼みません。。。

皮が厚くなってしまい、小籠包独特の一体感が無く、失敗作です。

 

このような失敗にも負けず、次は北京ダック!

巻いた状態で提供されるファストフード北京ダックです。

f:id:minakiti99:20170607012958j:plain

f:id:minakiti99:20170609014511j:plain

f:id:minakiti99:20170607013024j:plain

 こちらは巻く手間も無く、味付けも最高でした。

個人的には北京ダックはこのように巻いて提供されるといいと実感できる一品でした。

 

20:00 観光/外灘(夜)

昼同様に豫园エリアから徒歩で15分ほどで外灘のネオンが見えてきました。

昼の時とは全く異なり、建物から異様なオーラが出ているように感じます。

 

観光しているお客も昼の数倍はいるのでやはりメインはこの時間なのだと感じました。

日中、興味が薄れ登ることを諦めたTV塔や上海タワーも綺麗に見ることができます。

 

正直、上海のイメージはこの夜景なのだと改めて実感。昼に見るTV塔は昼に見る蛍と同じで感動しないのでは無いでしょうか?

 

f:id:minakiti99:20170607014904j:plain

f:id:minakiti99:20170607013129j:plain

f:id:minakiti99:20170607014812j:plain

 

 

21:00 Bar Rouge/外灘(夜)

実は写真には写っていませんが先ほどの外灘エリアは夜になると人混みが多くツアー客や大音量を流すお店でいっぱいです。

 

 上海の代表する見事な夜景、ゆっくりお酒を飲みながら見たくないですか?

そんな方の為にお勧めなのが複合ビル「外灘18号」の最上階にある「Bar Rouge」です。

f:id:minakiti99:20170607013659j:plain

 「Bar Rouge」は7階にあるのですがエレベータは6階までしかありません。

6階からは階段を使って上がるという不便さもここではおしゃれに感じてしまいます。

 

階段を上がると入り口がありますが入場料も無く、ドリンクを注文するだけでOK

f:id:minakiti99:20170607013812j:plain

f:id:minakiti99:20170607014708j:plain

 

f:id:minakiti99:20170607014219j:plain

 店内はこのようになっており、とてもムーディです。

一人旅の中で一番緊張した場所となりましたがせっかくので白ワインを注文し、外のテラス席に移動しました。

f:id:minakiti99:20170607013941j:plain

f:id:minakiti99:20170607014310j:plain

もうとにかく一日の上海観光の中で一番、テンションが上がったタイミングで1人乾杯!

「TV塔」に登るか「Bar Rouge」に登るか2択があるなら間違い無く「Bar Rouge」を選択するほどお気に入りの場所になりました。

 

ちょっと下を見ると川沿いに多くの観光客が。。

f:id:minakiti99:20170607013852j:plain

f:id:minakiti99:20170607013341j:plain

 そして夜景を見ながらまったりしているとスイス人とドイツ人のイケメンに声をかけられました。もちろんナンパでは無く、夜景が見えるテーブル席をシェアしてもいいかということでしたので速攻、快諾。

 

酔っぱらい仲間言う事で仲良くなり、ドイツ人にRIMOWAを気にいることを説明するとまったく通じない。改めて筆談で説明するとドイツ人からアクセントが違うとダメだし。正解はこんな感じだったと思いますw

 

「RI~MO↗WA↗」

 

話をしていると翌週から日本に来ると言う事でお勧めの観光ルートと東京に来て困ったら連絡するようにLINEの交換。

 

このあたりからお互いにおごり合戦が始まり、たらふく飲みました。

こんな出会いも最高にうれしいでよね。

 

f:id:minakiti99:20170609021703p:plain

 

一人旅お勧め度

  • 上海料理/春在        ★★★★
  • TV塔(東方明珠電視塔)   ★★★
  • 龍華寺           ★★★
  • 豫园商城エリア(夜)    ★★★★★
  • 外灘(夜)         ★★★★
  • Bar Rouge/外灘(夜)    ★★★★★★★★★★
  • 小籠包/南翔饅頭店      ★★★★
  • 早茶(飲茶)/緑波廊酒楼   ★★★★
  • 観光/豫园商城エリア(昼)  ★★★★
  • 観光/豫园          ★★
  • 観光/外灘(昼)       ★★★  

 

まとめ

  • 一人旅のお勧め度は上記のようになりました
  • 一人旅は自由気ままで出会いがある